LMS(学習管理システム)とは|5つの特徴と活用法を解説

新型コロナ対応により、集合研修がオンライン研修へと急速にシフトするなか、より効率的で研修管理体制の整備とより効果的な社員教育の実施方法が求められています。

これら実現には、旧来のeラーニングシステムに代わる新しい企業内研修インフラの構築が必要とされており、その中核として注目されているのがLMS(Learning Management System:学習管理システム)です。この記事では、現在の社員教育が抱える課題と、それを解決するための新しい企業内研修インフラについて解説します。

新型コロナウイルスによる社員教育への影響

新型コロナウイルス感染症対策による企業内研修について、「集合研修」「eラーニング」「OJT」の研修形式別に現状をみると、まず、「集合研修」は、一部はWeb会議システムを利用したオンライン研修に移行していますが、それ以外は中止あるいは延期されるケースが目立っています。

オンライン研修に移行した場合であっても、内容が講義形式の座学であればそれほど問題はありませんが、実習やワークショップである場合は、集合研修と同等の環境を準備することは難しく、課題が大きいといえます。

「eラーニング」は、クラウド環境やクラウドサービスに移行済であれば問題ありませんが、オンプレミス環境で構築された一部のシステムでは、構内LANでの利用を前提としているため、テレワーク環境では、ネットワークやデバイスの性能などがネックとなって利用が中断されているケースもあります。

 「OJT」も集合研修と同様に、多くが、中止あるいは延期の状況にあります。実施する場合は、Web会議システムやグループチャット、電子メールなどを利用することになりますが、元来、「OJT」は、フェースツーフェースのコミュニケーションを前提としているため、テレワーク環境では、効率や効果が大きく低下するため、集合研修以上に課題が大きいといえます。

これからの企業内研修インフラで解決すべき課題

ウィズ/アフターコロナにおける企業内研修における大きな課題は2つあります。

1つ目は「いつでも、どこでも、受講できる環境の提供」です。

オフィスや自宅でも、PCやスマートフォンでも、場所やデバイスを問わず学習できる機会を提供することは、今後の企業内研修における最低限の条件となります。これには、実習やワークショップ、OJTなど、これまで集合研修でなければ困難だった研修プログラムを効率的、効果的にオンライン化することも含まれます。

もう1つの課題は「実施形態が多様化した研修の管理」です。

勤務形態がテレワークに移行するのは、受講者だけではなく研修管理者も同様です。さらに、オフラインとオンライン、集合研修、eラーニングとOJTといったように研修の実施形態も多様化しています。このような状況では、従来のExcelに頼った研修管理では業務ワークフローが破綻することは目に見えており、研修管理業務のオンライン化や受講履歴、進捗など受講者データのデータベース化を早期に行う必要があります。

LMS(Learning Management System:学習管理システム)とは

これら2つの課題を解決する企業内研修インフラの中核をなすのが、LMS(Learning Management System:学習管理システム)です。

従来のeラーニングシステムは、別途購入したeラーニングコンテンツや社内集合研修を録画した動画を、企業内LAN経由で配信するのが主な利用形態であり、あくまでも集合研修を補完する位置づけでした。

これに対して、LMSは、クラウド環境での利用を前提としており、多様な研修形態に対応し、かつ、研修管理業務のシステム化を促進することを目的としています。

LMS(Learning Management System:学習管理システム)5つの特徴

LMSは、従来のeラーニングシステムと比較すると5つの特徴を持ちます。

特徴1. クラウドサービス化/マルチデバイス対応

LMSの第1の特徴は、クラウドサービス化とマルチデバイス対応です。

これにより、オフィス、自宅、あるいはそれ以外の場所にあっても、公衆インターネット回線を通じて、PCあるいはスマートデバイスで利用でき、いつでもどこでも受講できる環境が提供されるようになります。

特徴2. 標準コンテンツの提供

従来のeラーニングシステムの場合は、eラーニングコンテンツの販売がベンダーの重要な収入源でしたが、LMSでは、サブスクリプション・モデルに基づくLMSプラットフォームの利用料が主な収入源となります。

これに合わせて、従来別売されていたeラーニングコンテンツが、利用契約内で受講し放題となる標準コンテンツとして提供されるようになったことが最新のLMSの第2の特徴です。

初期の標準コンテンツは、新卒研修で使われるような初歩的な内容のコンテンツが中心でしたが、質、量ともに充実する傾向にあり、中堅・管理職・経営層向けのコンテンツも含まれるようになってきています。

特徴3. 研修ワークフローのシステム化

従来のeラーニングシステムでは、受講の申請から受講後アンケートの提出に至る一連の研修ワークフローは、電子メール、ファイルサーバなどを使用した手作業で実行されており、受講履歴データもExcelなどの汎用ソフトウェアで管理されていました。

LMSの第3の特徴はこの研修ワークフローをシステム化できることです。LMSでは、研修企画段階で、研修ワークフローをオンラインで設定し、以降の一連の業務プロセスも全てオンラインで処理することができます。

これにより、研修管理者の負担が大幅に軽減されるだけではなく、受講履歴データもLMS内のデータベースに一元的に管理されるため、特定の社員が受講した全ての研修を時系列にレポートするといった集計、分析が可能になります。

特徴4. フィードバックとナレッジ共有機能

従来のeラーニングシステムでは、eラーニングコンテンツの配信が主な機能であり、確認テストの実施や受講後アンケートの提出といったフィードバック作業は、受講者と研修担当者間で、手作業で行われていました。LMSの第4の特徴はこのフィードバック作業をオンライン化できることです。

さらに、最新のLMSでは、ナレッジ共有機能も提供され始めています。最新のLMSが提供するナレッジ共有機能を利用すると、研修動画に対してコンテンツに対してYouTubeのような「高く評価」やコメントを書き込む機能を提供することにより、過去の受講者の評価や質疑応答の内容を蓄積し、新規受講者の受講意欲や理解度を高めることが可能になります。

特徴5. マイクロラーニングへの対応

LMSの第5の特徴は、マイクロラーニングへの対応です。

マイクロラーニングとは、マイクロコンテンツ(数分程度の短い動画)を使用する新しい研修形態で、実習、ワークショップやOJTといった従来オンラインでは難しいとされてきた研修のオンライン化を実現するものとして注目されています。

LMSでは、スマートフォンなど一般的なデバイスで録画された動画を、アップロード、編集する機能を提供することにより、専用の機材や専任担当者を準備することなく、マイクロコンテンツを作成することが可能となります。また、登録された数多くのコンテンツにタグを付与することで、研修のテーマや受講者のスキルレベルに合った複数のコンテンツを抽出し、カスタムコンテンツとして提供することも可能となります。

これからの企業内研修インフラの全体像

LMSは、ウィズ/アフターコロナにおける企業内研修における課題の多くを解決します。

これに、従来の集合研修を代替する「Web会議システム」とOJTなどで関係者間のコミュニケーション・ツールとなる「グループチャット」を加えたものが今後の企業内研修インフラの理想的な構成といえます。

この構成においては、Web会議システムとLMSのeラーニング機能が、オフィスでも自宅でも、PCでもスマートフォンでも受講できる環境を提供します。

従来、オンライン化が難しかった実習、ワークショップ、OJTは、LMSのマイクロラーニング機能とグループチャットの併用により現実的となるでしょう。同時に、LMSの研修管理機能を活用して管理者の環境に依存しないシステムを構築し、受講者データの収集とデータベース化を実現することも可能になります。

LMS(Learning Management System:学習管理システム)の活用法

ここからはLMSを活用したより効果的な社員教育の活用法としてインターバル型研修とソーシャルラーニングについて解説します。

LMS 活用法1. インターバル型研修

インターバル型研修とは1つのテーマの研修を一度にまとめて実施するのではなく、数ヵ月間のインターバルを間に挟んで複数回に分けて実施する研修形態です。

インターバル期間に前回の研修で学習したことの実践とそのレポートが義務付けられていることが特徴で、研修内容の定着化に非常に効果が高いといわれています。

しかし、インターバル型研修は効果が高いとされているにもかかわらず、研修担当者の管理負荷が大きいため、実際に実施している企業が少ないのが現状です。

インターバル型研修では、長期間にわたって多数の受講者の研修受講やレポート提出を管理する必要があり、研修管理者の負荷が重く、担当者の変更に伴う引継ぎ不足などが発生するといった多くの課題がありますが、LMSを活用することで、この課題を解決することができます。

LMSを利用すると、研修受講履歴やレポート提出状況をデータベースで一元的に管理し、担当者の変更に伴う引継ぎ不足などのリスクを解消することができます。また、レポートそのものをオンライン化することで、紙やファイルのやり取り、コピー、集約といった作業も不要になり、研修管理者の負荷が大きく低減されます。

例えば、KIYOラーニングが提供するクラウドサービスAirCourseには、インターバル型研修の実施に大変効果的な「提出課題」機能があります。

この機能を使うと、受講者が、課題に対し自身の考えや回答をテキスト形式で自由に回答したり、様々なファイル形式のフォーマットを添付ファイルとして提出したりすることができます。

また、管理者向けにも多くの機能が備わっており、例えば、課題提出の進捗状況を全受講者について一覧表として表示する機能もあります。

LMS 活用法2. ソーシャルラーニング

ソーシャルラーニングとは、TwitterやLineといったSNSをツールとして活用する学習方法のことで、SNSでのやりとりを通じて行うため、職場の人間関係に限定されず、業務上の接点がない人、全く面識のない人でも、同じSNSに参加する人なら、誰とでも学び合うことが可能な学習形態です。

ソーシャルラーニングについては別記事にて全3回で詳しく解説していますので、そちらをぜひお読みください。

ソーシャルラーニングを実現するためのITインフラとは?第1回
https://aircourse.com/jinsapo/social_learning_1.html

まとめ

LMS( Learning Management System:学習管理システム )について理解は深まりましたでしょうか?

コロナ禍となりリモートでのコミュニケーションが当たり前になったことで、その重要性は大変高まっています。

KIYOラーニングが提供するクラウド型eラーニングサービス「AirCourse」では、LMSとしての機能はもちろん多種多様な受け放題の動画研修もついており、様々な人材育成のお悩みを解決可能です。

特に「使いやすさ」「直感的な操作性」で多くの企業様から評価をいただいていますので、ぜひ一度その操作性を体験してみください。

無料お試しはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

ソフトウエアベンダーやコンサルティング会社で20年以上にわたりコンサルティング、企業経営に携わる。現在は、IT企業の新規事業立上げ、事業再編を支援するかたわら、データ分析、人材管理、LMSなどに関する講演・執筆活動を行っている。