階層別研修とは?研修の目的や教育方法、階層別カリキュラムについて

本コラムでは、自社に階層別研修を導入するために何をどう進めていったらよいかを知りたい研修企画担当者のために、階層別研修導入の事前準備や具体的なカリキュラム設計に必要な知識とノウハウをお伝えします。

階層にあわせた計画的な成長を促す”人材育成モデル”を無料で公開

企業の発展に従業員の成長は欠かせません。しかし、「育成計画をどのように立てるか分からない」「そもそも育成の時間や余裕がない」など、多くの企業が課題を抱えています。

そこで、人材育成にお悩みの企業担当者に向けて、最新の人材育成モデルやその実現ノウハウをまとめた『デジタル時代の人材育成モデル』をお届けします。

人材育成施策に欠かせない重要なポイントが詰まっており、 人事担当をはじめとした人材育成・教育に携わる方必見の内容です。

どなたでも無料でダウンロードいただけますので、ぜひご活用ください。

階層別研修とは

階層別研修とは、役職や年齢、勤続年数、習得したスキルなどで社員を分けて、それぞれの階層に必要な知識やスキルを習得してもらうことを目的とした研修です。

階層とは、新入社員、若手社員、中堅社員、管理職といった役職や立場を指す場合が多いです。
階層が上がると求められる役割が変わり、役割を果たすために必要な知識やスキルも変わります。

今いる階層で求められる知識やスキルを身につけることは個人のスキルアップやモチベーションアップにとどまらず、会社全体のレベルの底上げにもつながります。

効果的な階層別研修を実施するために、eラーニングを活用してみませんか?

オンラインで学習できるeラーニングシステムを活用すれば、時間や場所を問わず学習でき、最新の教育プログラムを提供し、より広範囲な人材のスキルアップや教育の均質化を実現できます。

『eラーニング導入・活用 完全ガイド』では、効果的な社員研修や人材育成にご検討中の人事・教育担当者に向けて、eラーニングの基本から運用のコツなど、導入事例を交えて詳しく解説しています。どなたでも無料でダウンロードいただけますので、ぜひ参考にしてみてください。

『eラーニング導入・活用 完全ガイド』をダウンロードする(無料)

実施する目的

階層別研修を実施する目的は大きく分けると2つです。

会社が期待する役割を理解してもらう

会社が社員に期待する役割は階層によって異なります。

階層別研修を受講することで、新たな階層に移った全ての社員に会社が期待する役割を理解してもらうことができ、結果として期待に沿うパフォーマンスを素早く発揮してもらうことができます。

必要な知識やスキルの習得

階層別研修の大半は研修対象者が該当する階層に移った後で実施されます。

階層が上がると求められる知識やスキルが従来の階層よりも多種多様となるため、OJTや独自のスキルアップだけに期待するのは限界があります。

そこで該当階層に移った直後に階層別研修を実施することで、対象者の知識やスキルの底上げを行い、階層にふさわしいパフォーマンスを発揮できる状態を短期間で実現できるようにします。

階層別研修の実施方法

まず必要なのが、期待する役割と条件を階層毎に定義することです。

  • どのような役割を期待しているか
  • どのような知識が必要か
  • どのようなスキルが必要か
  • どのようなありかたが必要か

これらを階層毎に具体的に定義することで、それぞれの階層に対してどんな研修プログラムを実施したらよいかを明確にすることができます。

上記のマッピングシートは以下よりダウンロードできます。

(情報入力なし)PowerPointファイルで無料ダウンロード

次に決めなければならないのが、どの階層から研修を実施するかです。

組織改革、人材育成の観点から階層別研修を実施する場合、まず企業経営に関わるマネジメント層から実施し、中堅社員、若手社員、新入社員の順番で社内全体へ浸透させていく流れが望ましいとされています。

若手社員や中堅社員が研修受講後に前向きな意識を持って新たな提案をしたとき、経営幹部や管理職といったマネジメント層が若手社員や中堅社員の提案の意図を理解できず否定してしまうと、研修で習得した知識やスキルを活かした新たな提案を実務で実践することが困難となるからです。

階層別研修カリキュラム設計のポイント

多くの企業が階層別研修の対象としている、新入社員、若手社員、中堅社員、管理職、この4つの階層それぞれで押さえておきたいポイントを解説します。

新入社員研修

新入社員研修を企画する上で押さえておきたいポイントは2つです。

学生から社会人への意識の切り替え

学生と社会人の立場の違いをひとことで表現すると、学生はお客様(もらう側)、社会人は提供者(与える側)です。

研修受講によって学生から社会人への意識の切り替えをスムーズに行うことができると、職場に配属後も新入社員という立場に甘えることなく、適度な緊張感を持って仕事に取り組むことができるようになります。

社会人にふさわしい振る舞いの習得

新入社員といえども、お客さまの前では会社を代表する存在として振る舞う必要があります。

身だしなみや挨拶、敬語、名刺交換、報連相、電話対応やメール対応などのビジネスマナーを新入社員研修で習得することで、お客さまや取引先をはじめとする社内外の関係者に対して、社会人としてふさわしい対応がスムーズにできるようになります。

若手社員研修

入社2年目~5年目程度の若手社員研修を企画する上で押さえておきたいポイントは2つです。

ビジネススキル習得

自分ひとりで一通り仕事を回せるようになった若手社員に必要なのは、効率的に仕事を進めるために欠かせないスキルの習得です。

例えば、周りの協力を得ながら仕事を進めるために相手の納得を引き出すロジカルシンキングやロジカルライティング、作業時間の短縮が期待できるWord、Excel、PowerPointなど基本ソフト操作スキルの習得などがおススメです。

指導力習得

部下や後輩へ業務遂行に必要なスキルや知識を指導する場面に備えて、OJT研修やプレゼンテーションなどコミュニケーションスキルが習得できる研修がおススメです。

中堅社員研修

チームリーダーや係長などの立場で業務を行う中堅社員研修を企画する上で押さえておきたいポイントは2つです。

リーダーシップ

中堅社員はチームリーダーや取りまとめ役として、積極的にメンバーと関わって、チームの目標達成や業務の効率化を主導することが求められます。そこで自身のリーダーシップスタイルを確立するために必要な知識とスキルが習得できるリーダーシップ研修がおススメです。

セルフマネジメント

マネージャーとメンバーの間に立って業務をスムーズに回すために、体調や機嫌などに自分の状態を左右されることなく常に安定したパフォーマンスを発揮する必要があります。

自分の状態を安定させるためにおススメなのが、アサーティブ(適切な自己主張)やアンガーマネジメントのスキルです。

管理職研修

全社的な課題解決や人材育成、重要な意思決定の判断など、多種多様なスキルが求められる管理職研修を企画する上で押さえておきたいポイントは2つです。

組織マネジメント

管理職は多忙です。自分自身が意思決定や業務推進のボトルネックにならないように、自分が不在でも組織が回る仕組み作りを行う必要があります。

組織の中に自分の分身となるリーダーを育てるためにおススメなのが1on1ミーティングやコーチングなど相手の自主性を引き出すスキルの習得です。

リスクマネジメント

バイトテロをはじめとするSNSを使用した企業ブランド失墜やインターネット上の炎上リスク、ハラスメントやメンタルヘルスといった問題を未然に防ぐための知識やスキルを習得する必要があります。

まとめ

階層に適した研修を実施することができれば、会社全体のレベルを底上げできるだけでなく、社員の意識変革やモチベーションアップも効果的に行うことができます。

本コラムが御社の階層別研修導入に何か一つでもお役に立てたら嬉しいです。

“効果的な階層別研修”にeラーニングを活用してみませんか?

役職やスキルにあわせて階層ごとに必要な知識を身に着けてもらう階層別研修では、一人ひとりにあった最適な研修プログラムの提供が大切です。

また、企業を取り巻く流動的な環境にあわせた適切なプログラムや、定期的なコンテンツのアップデートが欠かせません。

そのため、効果的な階層別研修を実施するためには、eラーニングの活用がおすすめです。

オンラインで学習できるeラーニングシステムを活用すれば、より広範囲な人材のスキルアップや教育の均質化を実現できます。

時間や場所に縛られることなく、また、最新の情報に常にアップデートして学習コンテンツを提供できるため、階層別研修だけでなく従業員のリスキリングなど幅広く導入されています。

『eラーニング導入・活用 完全ガイド』では、効果的な社員研修や人材育成にご検討中の人事・教育担当者に向けて、eラーニングの基本から運用のコツなど、導入事例を交えて詳しく解説しています。

どなたでも無料でダウンロードいただけますので、ぜひ参考にしてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

大谷更生総合研究所合同会社:代表社員、問題整理の専門家 新潟県出身。明治大学商学部卒業後、KDDIで18年間システムエンジニアとして勤め、2010年に独立。KDDIでは主に総勢数百名の大規模システム開発プロジェクトの全体調整やシステム設計を担当。現在は問題整理手法、仕事のダンドリ、報連相を始めとするビジネススキル全般、売れ続ける仕組み構築に関する講師やコンサルティングを行っている。