1on1研修とは?目的や実施すべき企業の特徴、実施内容までを解説

1on1研修とは、効果的な1on1ミーティングの実施に必要な知識とスキルを身につけるための研修です。多くの企業が1on1ミーティングを実施するなか、1on1研修について以下のように悩むケースも多いのではないでしょうか。

「自社は1on1研修を実施すべきか」

「1on1研修をどのように実施すればよいのか分からない」

そこで本記事では1on1研修について、目的から実施すべき企業の特徴、具体的な実施内容、実施手法までを解説します。

1on1研修とは

1on1研修とは、効果的な1on1ミーティングの実施に必要となる知識とスキルを身につけるための研修です。1on1ミーティングは上司と部下の1対1で行われますが、一般的には上司側を対象に実施します。具体的な項目としては1on1ミーティングの目的や進め方、必要なスキルについて学びます。

1on1ミーティングとは

そもそも1on1ミーティングとは、社員のパフォーマンス向上やモチベーション向上などを目的として、上司と部下が1対1かつ自由なテーマで面談を行うことです。頻度は週1回〜月1回程、所要時間は30分〜1時間程が一般的です。

1on1ミーティングについての詳細は、以下の記事をご覧ください。
1on1ミーティングの目的とは?基本的な流れや重要ポイントを解説

1on1研修の目的

1on1研修の目的は大きく分けて以下の2つです。

1on1ミーティングの目的を達成しやすくする

1on1研修は、1on1ミーティングの目的を達成しやすくします。1on1ミーティングの目的は、具体的には以下の通りです。

1on1ミーティングの目的

  • 社員のパフォーマンス向上
  • 社員のモチベーション向上
  • 社員のエンゲージメント向上
  • 上司と部下のコミュニケーション円滑化

上司のスキルアップ

受講した上司のスキルアップを図ることも1on1研修の目的です。1on1研修のなかで学んだ各スキルは、1on1ミーティング以外の場でも役立つでしょう。具体的には以下のようなスキルの習得を目指します。

  • コーチングスキル
  • 傾聴力
  • 質問力
  • ロジカルシンキング(論理的思考)
  • クリエイティブシンキング(水平思考)
  • クリティカルシンキング(批判的思考)

1on1研修を実施すべき企業の特徴

組織内において以下のような特徴がみられる場合、1on1研修を実施すべきといえるでしょう。

1on1ミーティングの成果がみられない

既に1on1ミーティングを実施しているにも関わらず、社員パフォーマンスやモチベーションの向上がみられない場合は、1on1研修の実施を検討する必要があります。

また社員のエンゲージメントが高まらず、社員の離職率に改善がみられない場合などにおいても1on1ミーティングが十分に機能していない可能性を考慮しましょう。

上司が目的や主旨を理解していない

上司が1on1研修の目的や主旨を十分に理解しないまま、1on1ミーティングを行っている様子が見受けられる場合にも1on1研修の実施が必要です。

例えば、定期的に1on1ミーティングを行っているものの、毎回の内容が上司から部下への一方的なアドバイスや指導に終始するケースは少なくありません。こうしたケースに対しては、1on1研修を通じて「部下の主体性を重視する姿勢」の大切さについて理解する必要があるのです。

上司によってバラつきがある

1on1ミーティングを実施する上司間で、進め方や内容にバラつきがみられる場合も1on1研修の実施が欠かせません。例えば、ある上司は部下の悩みごとを丁寧にヒアリングしながら進める一方で、別の上司は自身が部下に対して望む改善事項を伝える場としているなど、上司ごとに対応が明らかに異なる場合が当てはまります。

こうしたバラつきが生じている状態では、部下に戸惑いが生じるだけでなく、組織としての人材育成方針にも支障をきたしかねません。1on1研修を通じてあらためて、一定の統一感をもった1on1ミーティングの実施を実現しましょう。

上司が不安を抱えている

1on1ミーティングを実施する上司が不安を抱えている場合も1on1研修の実施を推奨します。以下では1on1ミーティングで上司が抱きがちな不安を紹介します。

1on1ミーティングで何を話すべきか分からない

1on1ミーティングの時間を設けたにもかかわらず「何を話すべきか分からない」と不安を抱くケースがあります。

本来ならば、同様の悩みをもった部下をフォローしながら1on1ミーティングを勧めて行くのが上司に求められる役割です。1on1研修を通じて、各上司が効果的な1on1ミーティングを推進できるようにしましょう。

部下の気持ちがよく分からない

1on1ミーティングを実施しても「部下の気持ちがよく分からない」という状態に陥ることがあります。

こうした場合は、ヒアリングの方法や傾聴力に課題をかかえているのかも知れません。1on1研修によって必要な知識とスキルを習得しましょう。

部下に的確なアドバイスができるようになりたい

1o1ミーティングで部下の提示した悩みや課題に対して「アドバイスをうまく行えているか不安」「より的確なアドバイスを行いたい」などと考える上司も多いのではないでしょうか。

こうしたケースにおいても、1on1研修を通じて1on1ミーティングの目的や進め方、重要ポイントを理解することで、的確なアドバイスを行えるようになるのです。

1on1研修の実施内容

1on1研修の具体的な実施内容について解説します。対象は1on1ミーティングを行う上司、実施手法は、集合型研修で行うケースが一般的です。

1on1ミーティングの目的について

まずは1on1ミーティングを行う目的を明確に提示します。ここで1on1ミーティングの重要性を理解できるか否は、以降の研修内容への取り組み姿勢にも作用するため非常に重要です。具体的には以下4つの目的について説明します。

社員のパフォーマンス向上

1on1ミーティングを通じて、社員の業務に対するパフォーマンスを向上させます。例えば、現在取り組む業務の効率的な進め方、行き詰った課題の解決策など、実践に活かせる相談を行う機会として活用します。

上司にとっても部下のパフォーマンスが向上すれば、部署やチームの業績向上を図れるメリットがあります。1on1研修時における説明の際、このように上司にとっての明確なメリットを強調することは研修への意欲向上に対して有効です。

社員のモチベーション向上

社員が現在抱えている不安や悩みをヒアリングし、解消することでモチベーションアップにつなげます。上司から部下への期待を示してモチベーションを高めることも可能です。

部下のモチベーションアップは上司としては欠かせない課題です。1on1ミーティングを通じて部下のモチベーションアップを図れることを伝え、研修への意欲を高めましょう。

上司と部下のコミュニケーション円滑化

上司と部下が1対1で話すことで、両者のコミュニケーションをスムーズにします。悩みや不安などを本音で話せる機会を設けることで、互いの理解や信頼につながり、普段のコミュニケーションにも良い影響を及ぼすのです。

部下とのコミュニケーションに悩む上司も少なくありません。1on1ミーティングは部下との円滑なコミュニケーションの実現も目的としていることを伝えましょう。

社員のエンゲージメント向上

1on1ミーティングを通じて、社員のパフォーマンス向上やモチベーション向上、上司とのコミュニケーション円滑化を実現することによって、社員のエンゲージメントも向上します。組織として1on1ミーティングの機会を設けること自体でも「社員を大切にする姿勢」が伝わるでしょう。

特に「部下がすぐに辞めてしまう」「部下が育たない」といった悩みをもつ上司にとって部下のエンゲージメントの向上は重要なテーマです。1on1研修を通して1on1ミーティングについて学ぶことが悩み解消にもつながるメリットを示し、目的理解を図りましょう。

1on1ミーティングの基本的な進め方

1on1研修においては、1on1ミーティングの基本的な進め方(流れ)を習得させることも大切です。進め方についてしっかりと理解すれば、いざ1on1ミーティングを始めた際に何を話せばよいか分からず、一方的なアドバイスや単なる情報共有に終始してしまうことを防げます。

1on1ミーティングの具体的な進め方は以下の通りです。

1.信頼関係構築

信頼関係を構築できていない状態では、部下は本音で話せず、上司の発言やアドバイスを指示・命令のように受け取られかねません。

そのため、まずは一定以上の信頼関係構築を図ります。部下に「何を話しても受け止めてもらえる安心感」をもってもらうことを目指すのが良いでしょう。あえて業務と関係のない趣味や世間話など、短時間でのアイスブレイクも有効です。

1on1研修のなかで、1on1ミーティングの限られた時間内でどのように信頼関係を構築できるかをグループに分かれてディスカッションするのもおすすめです。

2.テーマやゴールの共有

今回の1on1ミーティングのテーマやゴールを設定し、限られた時間のなかで話が脱線して話したいことを話せなくなることを防ぎます。

またテーマやゴールは部下が主体性をもって設定できるように促します。例えば、上司から「今日は何についての話を聞こうか?」「今、何か悩みや困りごとはある?」などの投げかけを行うと良いでしょう。

1on1研修においては、自分が部下の立場だとしたら「どう言われればスムーズにテーマ設定を行えるか」を個人ワークで考えてみるのも有効です。

3.現状の理解

次に部下の現状を理解します。部下が現在おかれている状況や本人の心境について、正確に理解することに努めましょう。

現状を理解する際は、部下に話してもらうことを優先します。適度なうなずきや相づちをすると部下は安心して話せます。必要に応じて、ポイントとなる部分の詳細を確認する質問を投げかけたり、事実に対する本人の感想や解釈を確認したりすることで、現状をより正確に理解しましょう。

部下が説明に行き詰まった場合は「ここまでの話を要約すると〇〇ということで、合ってるかな?」とヒアリングした内容を要約することで、正確な把握と部下が考えをまとめるサポートを同時に行えます。

2と同様に、部下の立場になって「どう言われれば積極的かつ本音で話しやすいか」を個人ワークで考えてみるのも有効です。

4.課題の特定

テーマやゴールと現状を理解することでみえてくる「課題」を特定します。現状を理解する段階で話の範囲が広がるため、そのなかでも特にポイントとなる課題を見極めることが大切です。

「今の話で特に解決したい点はどこかな?」「上手くいかない理由はどんなことがあるかな?」といった質問を投げかけることで、本人にネックとなっている課題を自覚させることができます。

1on1研修のなかでは「自らが部下の立場の時に困ったこと」「誰かにサポートしてもらいたいと思ったこと」を個人ワークで思い返してみると実践に役立つ知見を得られる可能性があります。ただし、自らの経験に無理に当てはめてしまわないように注意が必要です。

5.行動の決定

課題に対する具体的な行動を決定します。「何か考えている対策はある?」のようにまずは本人がどのような行動をとる予定かを確認しましょう。

ここでは上司が自らの経験から思いついたアドバイスや解決策を先に提示してしまわないように注意が必要です。あくまで部下の主体性を尊重する姿勢を維持します。

ただし、回答に困っている様子がみられるようであれば「例えば〇〇をしてみるのはどうかな?」「私がサポートできそうなことはある?」など投げかけるのが効果的です。部下も不要なプレッシャーを感じることなく取るべき行動を考えることができます。

6.クロージング

1on1ミーティングの最後で、今後に向けて以下を確認しておきます。

  • まず何から着手するか
  • いつまでに行うのか
  • どのように報告するか(口頭やメールなど)
  • 次回の1on1ミーティングの日時

1on1研修においては、上記以外にも1on1ミーティング後における部下の行動の質を高めるための確認事項がないかをグループワークで考えるのも良いでしょう。

1on1ミーティングの重要ポイント

1on1ミーティングの重要ポイントについても、1on1研修を通じて理解しておきましょう。

部下の主体性を重視する

1on1ミーティングにおいて「部下の主体性」を維持することは非常に重要です。主体性を保つポイントとして、研修のなかで以下を共有しておきましょう。

  • 1on1ミーティングの初回で主体性を重視したい旨を明示しておく
  • 上司ばかり話して部下が聞き役になってしまうことを防ぐ
  • 部下が自分の考えを話せているかを意識する

部下の個人目標を正確に把握しておく

個人目標の達成は、1on1ミーティングのテーマとして挙がりやすいため、部下の個人目標を正確に把握しておくことが重要です。目標の内容はもちろんのこと、難易度や進捗状況を把握した状態で1on1ミーティングに臨みましょう。

1on1ミーティングの主旨を部下に伝える

上司が1on1研修のなかで1on1ミーティングの目的について理解するのと同様に、部下も1on1ミーティングの主旨を理解することが重要です。ただし、社員のパフォーマンスやモチベーション、エンゲージメントの向上などの目的をそのまま伝えるだけでは、部下の理解は得られません。

そのため「1on1ミーティングは、今直面している課題や困りごとを共有して解決するための場」「より活動を行いやすくするための場」など、部下のメリットを強調した表現で伝えることが重要です。

部下の立場になって考える

より効果的な1on1ミーティングを実現するためにも、部下の立場になって考えることが大切です。特に現状の理解を行う段階で「部下の立場ならどのようなことが不安か」などの視点で考えることで、以下のようなメリットを得られます。

  • 共感が生まれ、両者間の信頼関係が深まる
  • 部下の納得度が高い解決策を思いつきやすくなる
  • 優先すべき課題を発見しやすくなる

1on1ミーティングに必要なスキル

1on1研修のなかで、必要なスキルを学ぶ機会を設けると1on1ミーティングの質を高めることができます。具体的には以下のスキル習得をお勧めします。

コーチングスキル:主に対話を通じて対象者の能力・気力を引き出し、自己成長や自発的な行動を促すためのスキル
傾聴力:相手の話を耳で聞くだけでなく、目で表情やしぐさを見ながら、相手の感情や真意に寄り添い共感を示すスキル
質問力:不明点を解消する的確な問いかけを行うスキル、相手に気づきを与える際にも用いる
ロジカルシンキング(論理的思考):物事の結果と原因を明確にとらえ、両者のつながりを考える思考法
クリエイティブシンキング(水平思考):前提を設けず水平方向に発想を広げる思考法
クリティカルシンキング(批判的思考):物事の本質を見極めるためにあえて疑いをもって考える思考法

いずれのスキルとも重要なテーマではあるものの、1on1研修のなかで全スキルの習得を目指すのは困難でしょう。とはいえ各スキルの個別研修を開催するのも、研修時間確保や開催側の負担などの問題があり容易ではありません。

そこで有効なのが、パソコンやスマートフォン等とインターネットを利用して教育、学習、研修を行えるeラーニングです。ネット環境さえあればいつでもどこでも受講可能です。

例えば、1on1研修では必要なスキル以外の内容を充実させ、スキルについてはeラーニングでの個別学習とすることで、受講者は空き時間などを利用して好きなタイミングで受講可能です。開催側も受講案内のみで、研修のために参加者全員のスケジュール調整を行う必要もありません。

eラーニング活用について詳細を知りたい方は以下の資料をご確認ください。
失敗しない『企業向けeラーニング』の始め方|無料でダウンロードする

ロールプレイング

実際の1on1ミーティングを想定し、二人一組で上司役・部下役を決めてロールプレイングを行います。1on1研修で学んだ知識やノウハウを実践で生かすための予行演習として機能します。役割は交代しながら、必ず良かった点や悪かった点などのフィードバックを行いましょう。

またロールプレイングは、コーチングスキルや質問力、傾聴力などの演習にも有効です。1on1研修のなかでスキルについて学んだ場合は実施をおすすめします。

1on1研修の実施手法

1on1研修の主な実施手法を4つ紹介します。各手法から自社の状況にあった手法を選択してください。

なお各手法の詳細については、こちらの記事をご覧ください。
社員研修プログラム|作成のポイントや具体例を徹底解説 

集合型研修

会議室などに受講者を集めて実施します。社内で講師を擁立するケースと、社外の講師に依頼するケースがあります。対面のためロールプレイングやグループディスカッションを行いやすいメリットがある一方で、関係各位のスケジュール調整が必要な点はデメリットです。

オンライン研修

Web会議用ツールなどを用いて実施します。集合型研修と同様に社内で講師を擁立するケースと、社外の講師に依頼するケースがあります。出先からでも参加可能なためスケジュールを調整しやすいメリットがある反面、画面越しのためロールプレイングやグループディスカッションを行いにくいデメリットがあります。

eラーニング

パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器とインターネットを利用して教育、学習、研修を行うことです。ネット環境さえあればどこでも受講(動画講座を視聴)できる点や開催側の負担も少ない点はメリットですが、動画講座は一方通行のためその場での質疑応答は不可能な点はデメリットといえるでしょう。

外部研修へ派遣

外部で開催される研修に対象の社員を参加させます。社内の負担が少ない点や他社の社員と交流の機会をもてる点はメリットですが、研修後のフォローや経過確認を行いにくい点はデメリットです。

まとめ

1on1研修について、目的から実施すべき企業の特徴、具体的な実施内容、実施手法までを解説しました。

1on1研修とは、効果的な1on1ミーティングの実施に必要となる知識とスキルを身につけるための研修です。1on1ミーティングは上司と部下の1対1で行われますが、一般的には上司側を対象に実施します。

1on1研修の目的は「1on1ミーティングの目的を達成しやすくすること」「上司のスキルアップ」の2つです。

もし、1on1ミーティングを既に行っているものの「成果がみられない」「上司が主旨を理解していない」「上司によってバラつきがある」「何を話すべきか分からないなど、上司が不安をかかえている」といった特徴がみられる場合、1on1研修の実施をおすすめします。

1on1研修の実施内容は「1on1ミーティングの目的について」「1on1ミーティングの基本的な進め方」「1on1ミーティングの重要ポイント」「1on1ミーティングに必要なスキル」「ロールプレイング」の5つです。

また、1on1研修の主な実施手法として「集合型研修」「オンライン研修」「eラーニング」「外部研修への派遣」の4つを紹介しました。自社に最適な手法を選択しましょう。とりわけeラーニングは、ネット環境さえあればいつでもどこでも受講可能であり、受講側も開催側も少ない負担で実施可能です。他手法と組み合わせやすい点もメリットといえます。

効果的な1on1ミーティングによって社員のパフォーマンスやモチベーション、エンゲージメントなどを高めるためにも、1on1研修の実施をおすすめします。