Slackの限界とその補完方法│「社員が互いに教え合う」理想の教育環境は作れるか?第3回

ラーニングピラミッド理論では、「他者に教える」のが最良の学習方法とされていますが、企業内研修の場合には、「社員が互いに教え合う」のが理想の教育環境といえるでしょう。

この記事では、最新のITを活用して、どこまで「社員が互いに教え合う」理想の教育環境が作れるのかを全3回にわたって考察します。

「「社員が互いに教え合う」理想の教育環境は作れるか?(全3回)」

第1回:学習定着率を表すラーニングピラミッド

第2回:Slackとは│メールやLineとの違い

第3回:Slackの限界とその補完方法

連載第3回の今回は、Slackの限界とSlackではカバーできない部分を補完して「社員が互いに教え合う」理想の教育環境に近づける方法を考察します。

Slackの限界

Slackは、企業内の社員同士のコミュニケーションツールとして多くのメリットを持ち、その特徴の一つであるグループ設定としてのチャンネルと、そこでのスレッドの管理の機能を活かして、社員同士が教える/教わる場面でも大きな効果を発揮します。

しかし、Slackにも限界はあります。

例えば、ある年度の新入社員の教育にSlackを活用した場合、その年度の間は問題なく運用できるでしょう。

しかし、次の年度に入り、別の新入社員が教育の対象となった場合はどうでしょうか?

おそらく、1年前に発生したスレッドの多くが、よく似た内容で繰り返されることになるでしょう。

手間はかかりますが、1年前のスレッドを探して参照することや、コピペして同じ内容の繰り返しの手間をある程度は省くことは可能でしょうが、それにも限界はあります・・・。

「フロー」型と「ストック」型の情報共有

なぜこのようなことになるのでしょうか?

これは、Slackがもともと「フロー」型の情報共有を行うようにできているからです。

「フロー」型の情報共有とは、基本的にその場限りの情報共有で、情報を資産として蓄積(ストック)するのではなく、ある一定の短い期間に限定して情報を共有するということです。

Slack以外には、電子メールやLINEも「フロー」型の情報共有の例といえます。

これらは全て「会話」の内容を記録することで情報を共有するタイプのものといえます。

情報共有の形式において、「フロー」の反対の意味を持つ言葉が「ストック」です。

「ストック」型の情報共有とは、情報を棄てることなく再利用を想定して、長期間にわたって資産として蓄積(ストック)して情報を共有するということです。

「ストック」型では、情報を文書ファイルや動画といった「コンテンツ」として記録することで情報を共有します。

つまり、「社員が互いに教え合う」理想の教育環境をつくるためには、Slackがカバーする「フロー」型の情報共有だけではなく、「ストック」型の情報共有も必要だということです。

「ストック」型の情報共有の実現例

企業内教育を目的とした「ストック」型の情報共有の機能は、最新のLMS(学習管理システム)で実現され始めています。

例えば、LMSクラウドサービスのAirCourseでは、最新機能で、このような「ストック」型の情報共有を実現しています。

AirCourseでは、「ストック」型の情報共有を行う機能を「ナレッジ共有SNS」と呼んでいます。

「ナレッジ共有SNS」の最初の操作は、教える内容を整理した文書ファイルや動画を「コンテンツ」として、クラウドにアップロードすることです。

アップロードされた「コンテンツ」は、自動的に整理され簡単に検索できるようになります。

もちろん、手動でタグ付けしたり、複数のコンテンツ間の関連付けを行ったりすることもできます。

アップロードしたコンテンツに対しては、「いいね」をつけたり、コメントを入力したりすることもでき、グループ内でのナレッジ共有を実現できるようになります。

このような機能があれば、毎年繰り返される新入社員向けの教育も、その大部分が「コンテンツ」の再利用することで大幅に効率化することができます。

以上のように、「フロー」型の情報共有を目的としたSlackだけで「社員が互いに教え合う」理想の教育環境をつくることはできませんが、最新のクラウドサービスにみられる「ストック」型の情報共有を行う機能を併用あるいは連携させることで、目標とする理想の環境にかなり近づくことができるのではないでしょうか?

まとめ

Slackは、その特徴の一つであるグループ設定としてのチャンネルと、そこでのスレッドの管理の機能を活かして、社員同士が教える/教わる場面でも大きな効果を発揮しますが限界もあります。

例えば、ある年度の新入社員の教育にSlackを活用した場合、その年度の間は問題なく運用できますが、次の年度に入り、別の新入社員が教育の対象となった場合、同じ内容の繰り返しが発生し、とても非効率になります。

これは、Slackがもともと「フロー」型の情報共有を行うようにできているからです。

「フロー」型の情報共有とは、基本的にその場限りの情報共有で、情報を資産として蓄積(ストックするのではなく、ある一定の短い期間に限定して情報を共有するということです。

「フロー」の反対に相当することばが、「ストック」です。「ストック」型の情報共有とは、情報を棄てることなく再利用を想定して、長期間にわたって資産として蓄積(ストック)して情報を共有するということです。

つまり、「社員が互いに教え合う」理想の教育環境をつくるためには、Slackがカバーする「フロー」型の情報共有だけではなく、「ストック」型の情報共有も必要だということです。

企業内教育を目的とした「ストック」型の情報共有の機能は、最新のLMS(学習管理システム)で実現され始めています。

「フロー」型の情報共有を目的としたSlackだけで「社員が互いに教え合う」理想の教育環境をつくることはできませんが、最新のクラウドサービスにみられる、「ストック」型の情報共有を行う機能を併用あるいは連携させることで、目標とする理想の環境にかなり近づくことができるのではないでしょうか?

 

「「社員が互いに教え合う」理想の教育環境は作れるか?(全3回)」

第1回:学習定着率を表すラーニングピラミッド

第2回:Slackとは│メールやLineとの違い

第3回:Slackの限界とその補完方法

ABOUTこの記事をかいた人

平井 明夫

ソフトウエアベンダーやコンサルティング会社で20年以上にわたりコンサルティング、企業経営に携わる。現在は、IT企業の新規事業立上げ、事業再編を支援するかたわら、データ分析、人材管理、LMSなどに関する講演・執筆活動を行っている。