コンプライアンス研修に最新LMSを徹底的に活用する方法(2)│「コンプライアンス研修ってどうやるの?」 第4回

近年、社員のコンプライアンス違反により、企業が大きなダメージを受けるケースが増えた結果、企業内教育におけるコンプライアンス研修の優先度が大幅に上がっています。

しかし、その一方で研修担当者は、今までと同じリソース内で、コンプライアンス研修を全社員向けに実施し、しかも短期間で完了させることを要求されています。

この連載記事では、全4回にわたって、コンプライアンス研修を実施する際に、担当者が直面する課題を明確にした上で、最新LMSを活用して効率的に実施する方法を解説します。

 

コンプライアンス研修ってどうやるの?(全4回)

第1回:コンプライアンス研修ってそもそも何をやるの?

第2回:コンプライアンス研修をやる上で大変なこと

第3回:コンプライアンス研修に最新LMSを徹底的に活用する方法(1)

第4回:コンプライアンス研修に最新LMSを徹底的に活用する方法(2)

連載第4回の今回は、最新LMSを活用して受講者管理及び理解度測定を効率的に行う方法について解説します。

データを一元管理することで受講者管理が飛躍的に効率化される

最新のLMSでは、全社員の研修受講履歴や、確認テストの結果などの情報が、クラウド・サービスの中のデータベースに一元的に管理されます。

したがって、「複数のExcelファイルを開いてデータを集める」、「ファイルサーバーやメール添付でデータをやり取りする」といった煩雑な作業は発生しなくなります。

また、特定の社員がどの研修コースが受講済で、そのコースをまだ受講していないのかを知るための履歴管理も簡単にできるようになります。

最新のLMS を利用すると、進捗管理も効率的に行うことができます。

最新のLMSでは、受講申請から受講後レポートにいたる業務プロセスをワークフローとして登録して、申請/承認といった処理をメールではなくシステムで行うことができますので、大変効率的です。

このように最新のLMSを利用することで、Excelによる受講者管理よりも、はるかに効率的に業務を遂行することができるようになりますが、データを一元管理することで得られる最大の効果は、各種の集計が自在にできるようになることです。

例えば、代表的なクラウドLMSの一つであるAirCourseの場合、指定した期間の個人別の研修受講数や学習時間、およびその総計を、簡単に表とグラフで表示することができます。

同様に、事前に設定された受講目標に対する実績の進捗度や、研修内容の理解度を示すテスト平均点などを、やはり個人別と全員の合計のそれぞれについて、表とグラフで簡単に表示することもできます。

スマートフォンで確認テストを実施し、リアルタイムに結果が集計できる

最新のLMSでは、教材コンテンツの中に確認テストを組み込むことで、研修受講と同時に確認テストを実施し、集計も自動的に行うことができるようになっています。

また、スマートフォンで実施する確認テストの機能についても、最新のLMSでは大幅に機能が強化されています。

例えば、前述のAirCourseの場合、最新(2019年3月)の機能強化において、以下の表にあるような確認テストに関する多数の機能が追加されています。

まとめ

最新のLMSでは、全社員の研修受講履歴や、確認テストの結果などの情報が、クラウド・サービスの中のデータベースに一元的に管理されるため、複数のExcelファイルを扱う煩雑さから解放されます。

同時に、特定の社員がどの研修コースが受講済で、そのコースをまだ受講していないのかを知るための履歴管理も簡単にできるようになります。

最新のLMS を利用すると、進捗管理も効率的に行うことができます。

最新のLMSでは、業務プロセスをワークフローとして登録することができるため、受講申請/承認といった処理をメールで行う必要がなくなります。

このように最新のLMSを利用することで、Excelによる受講者管理よりも、はるかに効率的に業務を遂行することができるようになりますが、データを一元管理することで得られる最大の効果は、各種の集計が自在にできるようになることです。

さらに、最新のLMSでは、教材コンテンツの中に確認テストを組み込むことで、研修受講と同時に確認テストを実施し、集計も自動的に行うことができるようになっていますので、理解度測定についても大幅に効率化することができます。

 

コンプライアンス研修ってどうやるの?(全4回)

第1回:コンプライアンス研修ってそもそも何をやるの?

第2回:コンプライアンス研修をやる上で大変なこと

第3回:コンプライアンス研修に最新LMSを徹底的に活用する方法(1)

第4回:コンプライアンス研修に最新LMSを徹底的に活用する方法(2)

ーーー

研修受講と同時に確認テストを実施し、集計も自動的に行うことができるクラウド型LMS AirCourseなら、管理もカンタン、導入コスト0円ですぐにコンプライアンス研修を始められます。

ABOUTこの記事をかいた人

平井 明夫

ソフトウエアベンダーやコンサルティング会社で20年以上にわたりコンサルティング、企業経営に携わる。現在は、IT企業の新規事業立上げ、事業再編を支援するかたわら、データ分析、人材管理、LMSなどに関する講演・執筆活動を行っている。