部下育成トレーニング②:部下育成のゴール設定

★★★★★
★★★★★
部下育成トレーニングシリーズ(全5回)の第2回目のコースです。 本コースでは、部下育成のゴールの設定をするために、部下の現状を把握し、ゴールを具体化する視点を理解していただきます。スキルやモチベーションの観点から部下の現状をどのように把握するのか分析をして、目指すべき達成イメージを具体化するトレーニングを行います。 <部下育成トレーニングシリーズ> 部下育成トレーニング①:部下育成の基本 部下育成トレーニング②:部下育成のゴール設定 部下育成トレーニング③:指導方法(1)ほめ方 部下育成トレーニング④:指導方法(2)しかり方 部下育成トレーニング⑤:指導方法(3)ティーチング
コース情報eラーニング(標準コース)

対象者

初めて部下を持った管理職、マネジャー層
部下育成のスキルを上げたい管理職
後輩育成を任させているリーダー、中堅クラス

学習目標

・部下育成のゴール設定の重要性を理解する
・部下の現状を理解し、的確に課題を設定する
・育成目標を具体化できるようになる

カリキュラム

  • 1:本コースで学ぶこと
    動画数 1本 2分
  • 2:部下育成のゴール設定
    動画数 1本 11分
  • 3:【実践ワーク①】部下の現状把握
    動画数 1本 8分
  • 4:【実践ワーク①】解説_部下の現状把握
    動画数 1本 4分
  • 5:【実践ワーク②】育成のゴール設定
    動画数 1本 5分
  • 6:【実践ワーク②】解説_部下のゴール設定
    動画数 1本 3分
  • 7:部下育成のゴール設定【まとめ】
    動画数 1本 2分

講師プロフィール

山本 直人(やまもと なおと)
株式会社エンターイノベーション 代表取締役

【経歴】
◆九州大学 経済学部経済工学科卒
 北陸先端科学技術大学院大学 知識科学修士

◆大手通信放送会社にて、中小企業向けWebプロモーション戦略、社内インターネット環境構築の提案営業を担当。人材育成コンサルティング企業にて、研修の企画営業、トレーニング開発を担当。その後、インターネット関連ベンチャー企業で営業部門の立ち上げに参画し、東証マザーズ上場を経験。社内ブログ事業の営業部長、事業部長に就任。

◆2008年株式会社エンターイノベーション 設立
研修講師、ファシリテーター、組織開発・営業コンサルタント。コンサルティング会社、IT企業など複数の事業会社の役員を兼任。オリジナルワークを多数開発し、様々な人材教育会社のコンテンツ開発、講師育成に携わる。




【著書】
『すぐ成果を出す人の仕事のやり方・考え方』(明日香出版社)
http://amzn.to/1A1QbRk




【WEB】
<企業HP・コラム>
http://www.enterinnovation.co.jp/




<Twitter>
https://twitter.com/naotoyz




<Youtubeチャンネル>
山本直人【Off-JTV】研修講師のビジネススキル講座
https://www.youtube.com/channel/UCx1d_OR6CNCBGKQbJC7v4AA

受講者の評価

★★★★★
★★★★★
3.8(3621件の評価)
受講者コメント(256件)
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • 部下を持つ立場ではありませんが、新しい人が入った際にはレクチャーをする機会が多くあります。その際には、今回学んだステージごとの状況を理解し、適切なレクチャーやフォローをしていこうと思います。
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • 何事もまずは現状把握が大事だと再認識しました。
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • 育成のゴールは、具体的に数値化して出すこと、短期間での達成は難しいので長期的な目線で取り組む必要があることがわかりました。
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • 部下育成のゴール設定と部下の現状把握について、ポイント及び解説がとても分かりやすく説明されており、改めて重要性について学ぶことができました。 今後においても、自分自身も反復継続して学び、特に成長の段階と上司がとるべき行動の重要性を十分に理解し、今後の部下育成に役立たせたいと思います。
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • 理解しやすい。ごくごく正しい当たり前の内容。ただし、現実には忘れがちな内容なので定期的に見直したい。
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • よくわかった
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • 部下育成は個別に対応するということ。個々で性格やスキル、モチベーションも違う為、その個人に合わせた育成方法で指導することが重要。 限られた時間で明確にゴールを具体化、数値化し、課題と対処を絞り込み、育成する事が重要だと学びました。
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • ・部下の習熟レベルに応じて個別対応していく。 ・ゴールの設定方法 ・テーマを設定する:求める人物像や評価制度を参考にして決める ・基準を具体化する:期待する成果と取るべき行動に書き換えていく。 ・基準を数値化する:成果を金額や件数など数値化する。行動は時間、回数、頻度などに数値化する。 ・ゴールを達成する上で重要なポイント ①結果、行動レベルで具体化する。 ②数字で客観的に評価できるものにする。 ③部下が実践・達成できるものにする。 ④達成までの期限と評価・検証する日も決める。
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • 自分の上司がどのような考え方で、自分に対して接しているのか、これまで多くの工夫をしてくれていたことが、この動画を見て改めてわかった。
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • 部下育成においては、講師の方仰るようにメンバー・リーダーそれぞれのおかれたステージ・スキル・経験も異なる為、個別でそれぞれ具体的に設定して、それを進捗追いかけながら修正も含めて成長を促していくことがとても大事だと考えています。一律ではできない個別でのやり方は、今の若い世代においても非常に効果的だと思いますので、引き続き自身のフィールドにおいても実践して参ります。
受講者コメントを全て見る
学習時間の目安 50分
レッスン数 7
動画数 7
動画の総時間 35分
導入でご不明な点はお気軽にお問い合わせください