ビジネスに役立つKPI分解の実践演習①KPIツリーの基礎とバランスト・スコアカード

★★★★★
★★★★★

データを可視化しビジネス成果につなげるためには、KPIという指標が欠かせません。本コースでは、KPIの必要性や、KPIツリーを作成する意図を学習します。また、KPIツリーを作成する際に意識したいバランスト・スコアカードについてもご紹介します。

コース情報eラーニング(標準コース)

対象者

・ データを可視化しビジネス成果につなげていきたい方
・ データドリブンな意思決定を取り入れたい管理職の方

学習目標

・KPI分解の基礎を理解する
・KPIとバランスト・スコアカードの関係性について理解する

カリキュラム

  • 1:このコースで学ぶこと
    動画数 1本 2分
  • 2:データ分析プロジェクトにおけるKPIの役割
    動画数 1本 3分
  • 3:ビジネスゴールとKPI
    動画数 1本 4分
  • 4:KPIツリーとは
    動画数 1本 3分
  • 5:バランスト・スコアカード
    動画数 1本 2分
  • 6:まとめ
    動画数 1本 2分
  • 確認テスト:KPIツリーの基礎とバランスト・スコアカード
    問題数 4問

講師プロフィール

堅田 洋資(かただ ようすけ)
株式会社データミックス 代表取締役

【経歴】
◆学歴
University of San Francisco, M.S. in Analytics修了
一橋大学商学部卒業(統計学・データサイエンス専攻)


◆これまで500人を超える社会人にデータサイエンス教育を行うと同時に、大手新聞社、製薬会社、通信キャリア、物流ベンチャー企業など幅広い業界でデータサイエンスプロジェクトやデータ分析チームの立ち上げ支援を行う。


◆日本では数少ない米国大学のデータサイエンス修士号を保有。


◆データミックス創業前は白ヤギコーポレーションにて、社内のデータはもちろんクライアントのデータ分析を支援する分析コンサルタントとして活躍。


◆主に人工知能・機械学習を用いたレコメンデーション、アプリユーザーの行動分析や機械学習を用いたプッシュ通知の最適化、交通系IoTのデータ分析、物流倉庫の数理最適化などを担当。


◆白ヤギコーポレーション参画前は、監査法人トーマツにてデータ分析コンサルタント、生体センサスタートアップでサービス・アルゴリズム開発の取締役、KPMG FASにて事業再生コンサルタント、外資系メーカーでの経理・マーケティングなど幅広い経験を持つ。




【著作】
『フリーライブラリで学ぶ機械学習入門』(秀和システム)
『直感でわかる! Excelで機械学習』(インプレス)

受講者の評価

★★★★★
★★★★★
3.7(592件の評価)
受講者コメント(28件)
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • KPIについて改めて学習することができました。ありがとうございました。
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • KPIは営業現場にいる人達だけのものではなく、製造、技術が一丸となって取り組む課題だと思いました。
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • 分かりやすく、理解し易い内容でした。
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • 既に知識のある人にサラッと説明している感じで、説明に間がなく、一本調子で内容が入ってこない
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • KPI分解について勉強になりました。
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • KPIツリーという考え方を学ぶことができました
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • KPIのイメージとしてはやはり人件費が直結されるイメージでしたが、KPIツリーの構造から、他それぞれの項目から成り立っているという解釈ができました。
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • BSCとKPIの繋がりが良く分かりませんでしたが、それ以外は分かりやすかったと思いました。
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • 非常に分かりやすい説明で、学べました。
  • ★★★★★
    ★★★★★
  • よかった
受講者コメントを全て見る
学習時間の目安 25分
レッスン数 7
動画数 6
動画の総時間 16分
問題の総数 4
導入でご不明な点はお気軽にお問い合わせください