ユーザ作成ガイド

このガイドでは、ユーザの作成や一括処理、グループ作成方法について解説します。

AirCourseの管理者とは


AirCourseのユーザには、全体管理者、マネージャー、一般ユーザ、参照ユーザの4種類のいずれかが割り当てられます。


全体管理者
すべての管理業務が実行できます。ライセンスの管理、ユーザの管理、グループの管理、コースの管理、全てのレポートの参照などを含みます。
この役割は強力なので、管理者以外には割り当てないでください。
最初にAirCourseアカウントを登録したときの最初のユーザ(1人目のユーザ)は、全体管理者となっていますが、その後別のユーザにも全体管理者の役割を付与し、複数のユーザでAirCourseを管理することも可能です。


マネージャ
一般ユーザの権限に加えて、すべての標準コースをグループのメンバーの割当することができ、グループのメンバーのレポートを参照できます。
チームのマネージャーに向いている役割です。


一般ユーザ
コースの受講だけでなく、コース作成や編集ができるユーザです。ユーザ自身による情報共有するには、この役割にしてください。


参照ユーザ
コースの受講ができるユーザです。コースの作成と編集はできません。
ユーザ自身による情報共有をせずに、受講のみ許可するには、この役割にしてください。


このうち、参照ユーザ以外であれば、オリジナルコースを作って他のユーザに共有することが可能です。


AirCourseの役割ごとに実行できるタスクの一覧については、以下の表をご確認ください。


全体管理者 マネージャ 一般ユーザ 参照ユーザ
実行できるタスク(権限) 全てを実行できる最初のユーザ。 一般ユーザに加え、全ての標準コースの
受講やユーザへの割当が可能。
グループレポートが参照できる。
コースの受講・作成・編集ができる。 コース受講のみできる。
会社の設定変更
- - -
ライセンスの管理 - - -
ユーザの管理 - - -
グループの管理 - - -
オリジナルコースの管理
(全てのコース)

(管理権限があるコースのみ)

(管理権限があるコースのみ)
-
標準コースの管理 - -
コースの受講
(全てのコース)

(管理権限があるコースのみ)

(管理権限があるコースのみ)

(管理権限があるコースのみ)
レポートの参照
(全てのコース)

(グループと自分のレポート)

(自分のレポートのみ)

(自分のレポートのみ)

AirCourseの管理タスクの種類


AirCourseを社内で活用するために、AirCourseの全体管理者は以下のような管理タスクを行います。管理タスクには、全体管理者だけができるタスクと、全体管理者以外でもできるタスクがあります。


全体管理者だけができるタスク


◆ユーザ管理

AirCourseを利用できるユーザを作成したり、必要に応じて変更、削除を行います。

◆グループ管理

AirCourseでは、「グループを作成し、ユーザをグループに登録することで、グループ単位でコースを割り当てることが可能です。

グループの作成・削除、およびグループへのユーザ追加は、AirCourseの全体管理者のみ行うことができます。

◆ライセンス管理

AirCourseの有料プランの機能を使用するには、ユーザにAirCourseのライセンスが必要です。全体管理者は、どのユーザにどのライセンスを付与するかを管理します。

◆全体設定の変更

会社名や連絡先など会社の全体設定を変更できます。


全体管理者以外でもできるタスク


◇コース管理:オリジナルコース

AirCourseでは、オリジナルコースは一般ユーザやマネージャでも作成できます。また、作成したコースに対して利用者を割り当てることも可能です。一般ユーザ自らがコースを作成することで、社内でのナレッジ共有が加速しますので、コース作成業務は、全体管理者ではなく一般ユーザに開放することをお勧めします。

ただし、あるユーザが作成したコースは、別のユーザは通常は削除できません。(削除するユーザにそのコースの管理権限が必要です)

全体管理者は、他のユーザが作成したコースを含む、あらゆるコースを変更・削除したり、ユーザ割り当てを変更することができます。


◇コース管理:標準コース

AirCourseでは、あらかじめ作成済みの「標準コース」が提供されています。標準コースのユーザへの割り当ては、マネージャと全体管理者が行うことが可能です。

※すべての標準コースを利用するには、「コンテンツプラス」ライセンスが必要です。


◇レポート

全体管理者は、全てのグループ、ユーザのレポートや学習履歴を参照できます。特定のグループの管理権限を持つマネージャは、そのグループに所属するユーザのレポートや学習履歴を参照することが可能です。

また、ユーザは、自分自身のレポートや学習履歴を参照することができます。


管理ホーム


AirCourseでは、管理タスクを行う際は、管理ホームから管理タスクを行うのが便利です。管理ホームを開くには、画面左上の「モード切り替えボタン」で「管理」に切り替えます。


図:管理モードに切り替えた後のモード切り替えボタン



既に管理モードになっている場合には、画面左のメニュー一覧から「管理ホーム」をクリックするか、画面下の管理ホームで確認することができます。


図:「管理ホーム」メニュー



ここから様々な管理タスクを行うことができます。


図:管理ダッシュボード

ユーザの作成


AirCourseを複数のユーザで利用するためには、最初にユーザを作成する必要があります。

ユーザを作成するには、メニューの「ユーザ管理」の「ユーザ」から「ユーザの追加」をクリックするか、管理ホームの「ユーザ」枠の中にある「ユーザの追加」をクリックします。


図:メニュー「ユーザ」から「ユーザの追加」ボタン


図:「ユーザの追加」ボタン


すると、ユーザの追加画面が表示されます。


図:「ユーザの追加」画面


この画面で、必要な情報を入力して「保存」をクリックするとユーザが作成されます。それぞれの入力項目の説明は以下の通りです。


  • ユーザ名(必須:ユーザの名前です。
  • ユーザNo.:ユーザを表す番号です。入力しなくても構いませんが、大きな組織では、レポートなどでユーザを正しく認識するために、社員番号などの一意な番号を入力することをお勧めします。
  • メールアドレス/ログインID(必須:ログインやユーザへの通知に使用します。メールアドレスかログインIDどちらかは必須になりますので、間違いないよう入力してください。
  • パスワード必須:ユーザがログインするときに使用するパスワードです。
  • 通知メールの送信:チェックすると、作成したユーザにメールでログイン情報が通知されます。
  • 部署/役職:ユーザの部署や役職を入力できます。
  • 性別/生年月日ユーザの性別や生年月日を入力できます。
  • ライセンス:ユーザに割り当てられるライセンスを選択します。ライセンスには以下の種類があります。
    ・フリー
    ・ベーシック
    ・コンテンツプラス
  • プロフィール:ユーザのプロフィール(紹介文)を入力できます。
  • 全体権限:ユーザの役割を選択します。前述の通り、役割には以下の4種類があります。
    ・全体管理者
    ・マネージャ
    ・一般ユーザ
    ・参照ユーザ
  • ユーザの画像:ユーザの画像を登録できます。

なお、ユーザの情報は、ユーザ作成をした後に追加/変更することが可能です。必要な情報を入力して「ユーザ追加」をクリックするとユーザが作成されます。


図:情報を入力した「ユーザ追加」画面



ユーザの参照・変更・削除


ユーザを作成した後は、ユーザ一覧に追加したユーザが表示されます。

ユーザ一覧は、メニューの「ユーザ管理」>「ユーザまたは、ダッシュボードの「ユーザ一覧」をクリックすると表示されます。


図:メニュー「ユーザ」

図:ダッシュボード「ユーザ一覧」ボタン


図:「ユーザ一覧」画面



ユーザ一覧画面では、AirCourseの全てのユーザが表示されます。

ユーザ情報を参照・変更・削除するためには、対象のユーザ名をクリックし、「詳細設定」をクリックします。


図:「詳細設定」ボタン



ユーザ情報を変更するには、変更したい項目を入力・変更し、「保存」ボタンをクリックします。

図:「詳細設定」画面



ユーザを削除するには、画面右上にある「・・・」をクリックし、「削除」ボタンをクリックします。ユーザは一度削除すると復元できないため、ユーザの削除は慎重に行ってください。

ユーザ一括登録・変更・削除


登録するユーザ数が多い場合は、ユーザ一括登録がおススメです。ユーザ一括登録と同様、一括でユーザの情報を変更・削除することも可能です。


管理ホームの「ユーザ管理」>「ユーザ」か、ダッシュボードの「ユーザ一覧」をクリックすると、ユーザの一覧が表示されます。


図:メニュー「ユーザ」

図:ダッシュボード「ユーザ一覧」ボタン



画面上部右上にある「一括処理」をクリックします。


図:「一括処理」ボタン



ユーザ情報一括処理ページが表示されます。

画面上部に「登録」と「変更・削」のタブがあります。「ユーザを追加する」「既存のユーザを変更または削除する」のうち、行いたい処理をお選びください。

①一括登録

図:一括登録画面



サンプルCSVファイルをダウンロードし、必要な情報を入力します。

入力が完了したら、「一括処理用ファイルの選択とアップロード」のファイル選択をクリックし、アップロードします。


②一括変更・削除


図:一括変更・削除画面



一括登録・処理する場合は、登録済みユーザのCSVファイルをダウンロードし、編集を行います。

削除したいユーザがいる場合は、特記欄に「削除」を入力するようにしてください。

全ての作業が終了したら、「一括処理用ファイルの選択とアップロード」のファイル選択をクリックし、アップロードします。



CSVファイルについてわからないことがある場合は、ユーザ情報一括処理ページの真ん中~下部にかけて「CSVファイルで使用される見出しについて」、また、CSVファイルについて」の説明が記載されていますので、併せて確認することができます。


図:見出し(フィールド)説明画面


図:CSVファイルについて

グループの作成


ユーザを作成した後、グループを作成してユーザを登録しておくと、コース権限をまとめて割り当てたり、グループ単位でレポートを集計できるので便利です。

例えば、「営業部」というグループを作成し、営業部門のユーザを登録しておけば、営業部向けのコースを営業部門の全員にまとめて受講させることができます。


グループは、会社の部門のような組織だけではなく、プロジェクトや情報共有の目的毎に作っておくと便利です。また、一人のユーザを複数のグループに参加せることも可能です。

例えば、営業部門のAさんを、「営業部」グループ、「新社内システム導入プロジェクト」グループ、「新商品の情報共有」グループなどの複数グループに参加させることができます。


グループを作成するには、メニューの「グループ」または、ダッシュボードの「グループ」枠にある「グループ一覧」をクリックします。


図:メニュー「グループ」

図:ダッシュボード「グループ一覧」ボタン




すると、グループ一覧画面が表示されます。画面上部右の「グループの追加」をクリックし、グループを作成します。



図:「グループの追加」ボタン



図:「グループの作成」画面



この画面で、グループ名と説明(任意)を入力して「保存ボタンをクリックすると、グループが作成されます。


図:情報を入力した「グループの作成」画面



グループが作成されると、以下のようにグループにユーザ追加するための画面が表示されます。



図:グループにユーザを追加する画面



グループにユーザを追加するには、「メンバーの管理」ボタンをクリックします。すると以下の画面が表示されます。



図:「所属メンバーの管理」画面



この「所属メンバーの管理」画面では、グループに所属しているユーザ(「メンバー」と呼びます)の一覧が表示されます。グループを作成した直後は、メンバーはまだ存在していない状態です。

ユーザを追加するために、「ユーザの追加」ボタンをクリックします。


「ユーザの追加」画面が開くので、「営業部」グループに追加したいユーザをチェックします。



図:「所属メンバーの管理」画面



ユーザをチェックすると、ユーザの右側にグループ権限を選択するボックスが表示されます。最初は、「グループメンバー」が選択されていますが、「グループ管理者」を選択することも可能です。


●グループ管理者

グループの管理業務が実行できます。グループにメンバーを追加・削除したり、グループ自体を変更・削除できます。

●グループメンバー

グループの管理業務が実行できないユーザです。通常のユーザは、こちらの権限を割り当ててください。


グループ権限を選択したら、画面下の「追加する」ボタンをクリックします。すると、以下のようなグループにメンバーが追加されます。


図:ユーザ追加後のグループ画面



作成したコースを、ユーザやグループに割り当てる方法は、「AirCourse かんたんスタートガイド コース作成編」で解説しています。