「コース一斉割当・解除機能」利用ガイド

このガイドでは、「コース一斉割当・解除機能」について解説します。
「コース一斉割当・解除機能」はコースの割当や解除を一括で行うことができる機能となります。

コースの一斉割当

1. 複数のユーザに、複数のコースを一斉割り当て

※受講オプションにて受講を必須にした場合、割り当てたコース数分のメール通知が、各ユーザに送信されます。

複数のユーザを選択し、複数のコースを一括で割り当てる方法です。オリジナルコース・標準コース共に割り当て可能です。

管理モードにて「ユーザ管理」→「ユーザ」をクリックし、割り当てるユーザを選択し「コース一斉割当」をクリックします。


以下のような選択したユーザの確認画面が表示されます。

「コース割当に進む」をクリックします。


割り当てしたいコースを選択し、「コースの割当」をクリックします。

※一斉割り当てができるコース数の上限は20コースとなります。


コースの割り当てが完了します。


※受講オプションにて受講を必須にした場合、割り当てたコース数分のメール通知が、各ユーザに送信されます。不要の際は、「受講開始時に対象者に通知する」のチェックを外して設定を保存するボタンをクリックします。

受講オプション画面へ行くには、「受講オプション設定」をクリックします。


受講開始の通知が不要の場合は、「受講開始時に対象者に通知する」のチェックを外して「設定を保存する」ボタンをクリックします。




※1回の割り当てが20,000件を超える場合はエラーとなります。

※割り当て数は、コース数 × ユーザ数となります。


2. 複数の組織に、複数のコースを一斉割り当て

複数の組織から複数のコースを一括で割り当てる方法です。オリジナルコース・標準コース共に割り当て可能です。

管理モードにて「ユーザ管理」→「組織」をクリックし、割り当てる組織を選択し「コース一斉割当」をクリックします。


以下のような選択した組織の確認画面が表示されます。

「コース割当に進む」をクリックします。


割り当てしたいコースを選択し、「コースの割当」をクリックします。

※一斉割り当てができるコース数の上限は20コースとなります。


コースの割当が完了します。


※受講オプションにて受講を必須にした場合、割り当てたコース数分のメール通知が、各ユーザに送信されます。不要の際は、「受講開始時に対象者に通知する」のチェックを外して設定を保存するボタンをクリックします。

受講オプション画面へ行くには、「受講オプション設定」をクリックします。


受講開始の通知が不要の場合は、「受講開始時に対象者に通知する」のチェックを外して「設定を保存する」ボタンをクリックします。


※1回の割り当てが20,000件を超える場合はエラーとなります。

※割り当て数は、コース数 × ユーザ数となります。

3. 複数のグループに、複数のコースを一斉割り当て

複数のグループから複数のコースを一括で割り当てる方法です。オリジナルコース・標準コース共に割り当て可能です。

管理モードにて「ユーザ管理」→「グループ」をクリックし、割り当てるグループを選択し「コース一斉割当」をクリックします。


以下のような選択したグループの確認画面が表示されます。

「コース割当に進む」をクリックします。



割り当てしたいコースを選択し、「コースの割当」をクリックします。

※一斉割り当てができるコース数の上限は20コースとなります。



コースの割り当てが完了します。


※受講オプションにて受講を必須にした場合、割り当てたコース数分のメール通知が、各ユーザに送信されます。不要の際は、「受講開始時に対象者に通知する」のチェックを外して設定を保存するボタンをクリックします。

受講オプション画面へ行くには、「受講オプション設定」をクリックします。


受講開始の通知が不要の場合は、「受講開始時に対象者に通知する」のチェックを外して「設定を保存する」ボタンをクリックします。



※1回の割り当てが20,000件を超える場合はエラーとなります。

※割り当て数は、コース数 × ユーザ数となります。



4. 複数のコースに、複数のユーザ/組織/グループを一斉割り当て

複数のコースに複数のユーザ/組織/グループを一斉割り当てる方法です。オリジナルコース・標準コース共に割り当て可能です。

管理モードにて「eラーニング」→「オリジナルコース/標準コース」をクリックし、割り当てるコースを選択し「受講者一斉割当」をクリックします。

※受講者割り当ては「ユーザ」「組織」「グループ」毎での設定となります。「ユーザ」「組織」「グループ」をまたいで同時に複数選択して割り当てる事はできません。「ユーザ」「組織」「グループ」ごとに設定する必要があります。


以下のような選択したコースの確認画面が表示されます。

「受講者割当に進む」をクリックします。


割り当てしたいユーザ/組織/グループを選択し、「受講者を割当」をクリックします。

※画面は「ユーザ」の受講割り当てになります。


コースの割り当てが完了します。


※受講オプションにて受講を必須にした場合、割り当てたコース数分のメール通知が、各ユーザに送信されます。不要の際は、「受講開始時に対象者に通知する」のチェックを外して設定を保存するボタンをクリックします。

受講オプション画面へ行くには、「受講オプション設定」をクリックします。


受講開始の通知が不要の場合は、「受講開始時に対象者に通知する」のチェックを外して「設定を保存する」ボタンをクリックします。


※1回の割り当てが20,000件を超える場合はエラーとなります。

※割り当て数は、コース数 × ユーザ数となります



コース割当の一斉解除

5. 単一のユーザに割り当てられている、複数のコースを一斉割り当て解除

単一のユーザから複数のコース割り当てを一斉解除する方法です。オリジナルコース・標準コース共に割り当て解除可能です。

管理モードにて「ユーザ管理」→「ユーザ」をクリックし、割り当てられているコースを選択し「コース一斉解除」をクリックします。


解除するコースを確認し、「解除」をクリックします。


割り当てしていたコースが解除されます。


※コース受講を必須にしていた場合、割り当て解除したコース数分のメール通知が届きます。

6. 単一の組織に割り当てられている、複数のコースを一斉割り当て解除

単一の組織から複数のコース割り当てを一斉解除する方法です。オリジナルコース・標準コース共に割り当て解除可能です。

管理モードにて「ユーザ管理」→「組織」をクリックし、割り当て解除する組織をクリックします。


選択した組織の「受講中のコース」をクリックします。


解除するコースを確認し、「コース一斉解除」をクリックします。


解除するコースを確認し、「解除」をクリックします。

※上位組織に割り当てられているコースは選択できません。


割り当てしていたコースが解除されます。


※コース受講を必須にしていた場合、割り当て解除したコース数分のメール通知が届きます。

7. 単一のグループに割り当てられている、複数のコースを一斉割り当て解除

単一のグループから複数のコース割り当てを一斉解除する方法です。オリジナルコース・標準コース共に割り当て解除可能です。

管理モードにて「ユーザ管理」→「グループ」をクリックし、割り当て解除するグループをクリックします。


解除するコースを確認し、「コース一斉解除」をクリックします。


解除するコースを確認し、「解除」をクリックします。


割り当てしていたコースが解除されます。


※コース受講を必須にしていた場合、割り当て解除したコース数分のメール通知が届きます。

8. 単一のコースに割り当てられている、複数のユーザ/組織/グループを一斉割り当て解除

単一のコースに割り当てられている、複数のユーザを一斉割り当て解除する方法です。オリジナルコース・標準コース共に割り当て解除可能です。

※「ユーザ」「組織」「グループを」を同時に複数選択して割り当て解除する事はできません。「ユーザ」「組織」「グループ」ごとに設定する必要があります。

管理モードにて「eラーニング」→「オリジナルコース/標準コース」をクリックし、割り当て解除するコースをクリックします。


受講者タグを開き、解除するユーザを選択し、「受講者一斉解除」をクリックします。

※画面は「ユーザ」一斉解除になります。


受講ユーザ割り当て解除の確認画面が表示されます。


選択したユーザが受講解除されます。


※コース受講を必須にしていた場合、割り当て解除したコース数分のメール通知が届きます。