グループ一括処理ガイド

このガイドでは、グループ情報一括処理方法について解説します。

グループの一括処理(登録/変更/削除)

CSV ファイルを利用してグループの一括登録、変更、削除が行なえます 。

CSVファイルをダウンロードした後、情報を編集し、そのCSVを再度アップロードしてください。

グループの⼀括処理手順

1. 一括処理用ファイルのダウンロード

  • グループを追加する(サンプルファイル):
    サンプルファイルがダウンロードされます。このファイルには、記入方法を示すためのサンプルの情報が記入されていますので、利用する際にはサンプル情報を削除してご利用ください。
  • 既存のグループを変更または削除する:
    既存の情報が入力されたファイルがダウンロードされます。



2. 一括処理用ファイルの編集

一括処理用ファイルの入力方法に関しては、下記の「CSV ファイル作成時の注意点」「見出し(フィールド)説明」をご確認ください。



3. 一括処理用ファイルの選択

編集した一括処理用のファイルを指定してください。



4. 一括処理の実行

変更・削除する場合に、どのように対象グループを判別するかを選択してください。

  • グループ名で対象グループを識別する:
    グループ名(例:マネジメントグループ、プロジェクトグループなど)を利用して、それぞれのグループを識別します。
  • グループコードで対象グループを識別する:
    グループコードを利用している際には、そのグループコードにてグループを識別します。


CSV ファイル作成時の注意点

  • エクセルで作成してください(推奨)。
  • テキストエディターをご利用の方は文字コードをShift_JISもしくはUTF-8で作成してください。

見出し(フィールド)説明

CSV ファイルで使用されている見出し(フィールド)の説明です。情報入力時にご参考ください。

1

処理種別

いずれかを入力してください

※空の行は無視されます

  • A(追加の場合)
  • U(変更の場合)
  • D(削除の場合)

2

グループコード

グループコードを入力

3

グループ名

グループ名を入力

4

組織

組織名を入力できます

※グループが所属する組織として追加されます

5

ナレッジ共有【※】

【※】AirCourseの全体設定で、グループチャンネルを無効にしている場合は、この項目は表示されません

いずれかを入力してください

  • 有効
  • 無効

※追加・変更時、グループチャンネルを使用する設定にされている場合は必須になります

6

他メンバー参照可能

いずれかを入力してください

  • はい
  • いいえ

7

説明

説明を入力できます(任意)

CSVファイルについて

CSV ファイルは、コンマで区切られた値を含むファイルです。 テキストエディターまたは Excel などのスプレッドシート プログラムを使って、このようなファイルを作成または編集することができます。

AirCourse のグループ一括処理には、CSVファイルの1行目の列見出しが必要なので、別のテキストで置き換えないでください

新しい名前でファイルを保存し、CSV 形式を指定します。


上記で保存した CSV ファイルをアップロードし一括処理を行ってください。




ページTOPへ戻る